« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月 アーカイブ

2011年08月01日

幕末なおっさんから皆さんへ

小生の誕生日において、温かいメッセージとバーでのお祝い、
本当にありがとございました!

ぼくは幸せものです。

ずいぶんと幕末の志士に比べると
長く生きているものですが、
だからこそやり遂げる使命があると思っています。

これからも共におもしろきことを
やっていきませう!

これからも宜しくお願いします!!

2011年08月09日

内輪

ひとつのコミュニティができたとき、
コアとなるひとたちがいる。

そのコアを基に発展していけばいいのだが、
なかなかそうはいかないものである。

コアはコア同士で固まり、ある意味そのコミュニティは
強固になるが、そのコミュニティに興味を持った新しいひとたちは
入りづらくなる。

そのコアはとても居心地がよく、親密で楽しい。
でもそれを続けていくとトラブルが起こる。
村八分とはよく云ったものだ。
コミュニティは常に刺激を求める。

現時点でしかないが、ぼくの答えは新しいひとを
招き入れることがとても大切だと思ふ。
ひいてはそれがコミュニティのさらなる活性に繋がると信じる。

ぼくはとても狭い箱を経営している。
そこは手前味噌ながら、とてもステキな箱で
無限のひとの繋がりを生み出す可能性を持っている。

ぼくが小さなコアでいいやと思ってしまえば、
この箱はそこで終わる。
そこに関わる多くのひとたちの協力が不可欠なのは
云うまでもない。

狭い箱が持つ、実はとてつもない無限性。
それを追い求めることで関わるひとたちの成長を
促したい。ぼくを含めて。

そんなことを考えている、37の夏。

2011年08月23日

珍しくまとめてみた

歴史ブームと云われる時代。

よく考えると自分が生まれた国の歴史が
流行るってのも可笑しな話だ。

メディアからの取材を受けた際、
よく「仕掛人ですね」なんて云われる。
それについては光栄なことだが、
「なぜ歴史が盛り上がってるのか」を考えると
戦後66年の歴史教育の失敗に起因していると思ふ。

受験対策、年号の詰め込み、そこに生きたひとではなく、
断片的な出来事のアプローチ。

実際、僕自身も歴史の授業は嫌いだった。
高校3年のときなど、休みまくったお陰で留年一歩手前に
追い込まれた。

いまのこの歴史トレンドの発端は、ゲームであり、ドラマから
巻き起こった。
つまりアプローチが違えば、歴史はめちゃめちゃおもしろいことに
気づく訳だ。

所詮、歴史は「ひとの営み」が続いて出来てゆく。
至ってシンプルなものなんだ。

そこに切なさや落胆や喜び、至難を潜る凄さなどがある。

歴史にはそういうエッセンスが凝縮されている。
それをもっとポップに感じられる方法があればいいと
いつも思っている。

先日の東京カルカルでやった土方イベントの後に
店長の横山さんに「サブカルとカルチャーの戦いだったね」と
云われた。つまり僕がやろうとしているアプローチは
異質(サブカル)な訳だ。

でも新しいことは必ずサブから始まる。
これを担っていくことが、僕の人生なんだと思っている。


いろいろな時代があった中で、一番伝えたい16年間がある。

「龍馬伝」「JIN」、ふたつのドラマが
開けてくれた幕末といふ時代の扉。

その終わりを全力でプレゼンします。
9/3(土)です。

思いっきりサブってゆきます。

https://bitly.com/oYKzyO

About 2011年08月

2011年08月にブログ「【歴史クリエイター】渡部 麗の思考」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年07月です。

次のアーカイブは2011年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。