« 2010年12月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月01日

今現在の位置

SEGA「戦国カンファレンス」が終わり、
ふっと息が抜けた。

昨年末〜準備に勤しんだので、
今までで一番、正月気分を感じなかった。

イベントアーカイブ映像
http://www.rekisizzle.com/special/

歴史をコンテンツと見ると、
いろんな可能性に気づく。
日本はオールエイジに響くコンテンツを
ずっと持っている。

まずは日本人が地方に行き来し、その優良なるを実感し、
海外に仕掛けようではないか。


外貨を日本に落とす


これもひとつのレキシズルである。

2011年02月15日

高杉晋作の道

歴史ツアーやります!
詳細は近日中にJTBwebに上がりますので、またお知らせします。


JTB×レキシズル×萩大志館 presents
「高杉晋作の道 —Shinsaku Road—」長州萩2日間の旅
3/26〜27(土日)

幕末の風雲児、高杉晋作の“魂”を感じるツアー。

そのルートは晋作最後の地、「東行庵」からスタートし、
決起した伝説の地「功山寺」などを経由、目指すは彼が生まれ育った城下町・萩。
「旧宅」や「松下村塾」はもちろん、晋作が久坂玄瑞と青春を語り合った
「団子岩」など、“生の晋作”が辿った道にフォーカス。

彼の“死”から“生”をさかのぼって辿る、“おもしろき旅”。
彼がどういう“道”を歩き、どうやって“命”を燃やしたのか、
その人生を参加者全員で体感するツアー。
今も幕末の情緒が残る故郷・萩をメインに、晋作と長州藩の激情が時を超え、
参加者を包み込みます。


【旅行のポイント】
●観光スポットはもちろん、宿泊先のご夕食まで高杉晋作づくし!
専用車でゆかりの地を巡ります。(予定)
●夕食後、晋作研究第一人者・一坂太郎氏の分かりやすい講演会!(予定)
●松陰先生生家前から萩市内を眺めながら、晋作も食べた「幕末わかめおむすび」を
昼食で!(予定)
●夜半、家族の目を盗んで松陰先生に会いに行った晋作。その松下村塾への道を夜に
そぞろ歩き!

About 2011年02月

2011年02月にブログ「【歴史クリエイター】渡部 麗の思考」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。